会社方針

会社方針

株式会社カッター産業は、1980年1月の創業以来、使用済み切削工具を新品と同様に再生する加工技術(再研削・再製作)で顧客要求に高いレベルで応えることで、信頼を得てきました。切削工具は、その用途により形状や種類が多岐に及び、当社に要求される技術は年々上昇しております。最新のCNC工具研削盤を導入し、再研削・再製作技術の高精度化、プロセス強化を図り、さまざまなユーザーのニーズに柔軟に対応できるよう取り組んでまいりました。今後も、皆様の刃物の工具室として向上していきたいと思います。


会社沿革

1980年1月(S55年)
現社長が、大手工作機械メーカー、機械工具商を経て、切削工具の再研削工場を有限会社カッター産業の名称で倉松町に設立。
1983年(S58年)
本社工場が手狭な為、第二工場社屋竣工する。
1986年6月(S61年)
溝研削の効率化、工場の環境の為に、CNC溝研盤1号機を導入する。
1989年(H1)
機械工具の販売を本格的に始める。
1996年9月(H10年)
市場の需要に対応する為に、CNC7軸工具研削盤2号機を導入する。先を見て、コーティング受託販売を開始する。
2000年9月(H12年)
ドリルの多様化に伴い、それらに対応する為、全自動ドリル研削盤1号機を導入する。
2001年9月(H13年)
市場の要求する更なる精度、迅速化、合理化の為CNC6軸工具研削盤3号機を導入する。
2004年5月(H16年)
需要に対応するため全自動ドリル研削盤2号機を導入する。
2005年9月(H17年)
溝研削盤の老朽化に伴い、最新のCNCスパイラル工具研削盤導入する。
2006年5月(H18年)
エンドミル用NC研削盤導入する。
2006年9月(H18年)
需要の対応の為全自動ドリル研削盤3号機を導入する。
2007年4月(H19年)
商号変更、有限会社カッター産業を、株式会社カッター産業に変更する。
2007年5月(H19年)
再研工具多様化の為、CNC7軸工具研削盤4号機を導入する。
2012年9月
環境問題に考慮して、エコアクション21取得する。
2015年5月(H27年)
ワルター 高性能精密CNC測定機 ヘリチェック導入する。
2016年3月(H28年)
牧野フライス精機㈱ 高精度CNC研削盤導入する。
2017年7月(H29年)
菱高精機㈱ CNC工具研削盤イプシロン導入する。